退学・停学問題、部活怪我など 年間300件の法律相談/生徒・学生のための弁護士。TV・新聞などメディア実績多数。

弁護士に依頼するメリット

  • HOME »
  • 弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

①一人で解決するのは困難であること

「学校トラブル」も「ママ友トラブル」も、その他のトラブルでも、解決するためには「法的知識」が必要となります。

例えば、ママ友の間で悪口を言われていたり、学校で子どもがいじめられていたりした場合であっても、法律に基づいた主張が必要となります。また、主張内容や方法によっては、脅迫等の犯罪行為になる可能性もあります。もちろん報復行為をした場合には、暴行や傷害罪になる可能性もあります。

そのため、弁護士を入れて、法律に基づいた主張を構成し、適切に交渉をする必要があります。

②精神的苦痛・労力の軽減

確かに弁護士に依頼した場合、金銭的な負担はかかります。しかし、弁護士を窓口にすることで、精神的な負担や労力を軽減することができます。

また、相手方と交渉する場合、弁護士がいない場合、ご自身で交渉しなければなりませんが、弁護士を入れた場合、弁護士が交渉をします。そのため、精神的な負担や時間的労力も少なくなります。

③真実を明らかにする必要性

特に「いじめ問題」や「学校事故」の場合、学校側は、事件そのものを隠ぺいする可能性があり、真実が明らかにならない場合があります。しかし、それでは何ら改善にもならず、同じ問題が繰り返される可能性があります。そのため、弁護士を入れて、学校側と交渉し真実を明らかにする必要性があります。

④代弁する・代わりに話し、あなたの想いを伝えるための弁護士

弁護士は、決して「裁判」だけをするわけではありません。弁護士は、これまでに起きた事件の内容を、ご相談者・ご依頼者の代わりに、弁護士から学校や警察に伝えることもできます。学校は子どもを教育するプロであり、警察は犯罪を捜査するプロといえます。ですが、人の悩みを聞くことは、必ずしもプロではない側面があります。
うまく自分のことや、子どものことを話せないと悩んでしまう前に、人の悩み事を聞き、伝えるプロである弁護士にご相談ください。

レイ法律事務所に依頼するメリット

①他事務所と比較し、ママ友・学校事故(いじめ・退学問題など)の経験がある

「ママ友トラブル」「学校トラブル」で何より大事なことは、絶対的な経験です。ママ友トラブルでは、同じコミュニティーにいる人間同士の争いであるため、単に弁護士を入れて争えば良いというわけではありません。そのコミュニティーで生きていく人間にとって、「今後の生活を考えた」配慮をしながら、争う必要があります。

また、学校トラブルでは、子どもの話にしっかりと耳を傾ける必要があります。学校トラブルの中心は「児童・生徒」になります。その子どもたちから話を聞かなければなりません。

そのため、いくら弁護士歴が長くても、「ママ友トラブル」「学校トラブル」の経験がなければ、ほとんど意味がありません。それは医師と同じだといえます。長い間、内科を担当していた医師が突然手術(外科)をしろと言われてもできないと同じです。そのため、「ママ友トラブル」・「学校トラブル」に関する経験がある弁護士に依頼すべきだといえます。

②プライバシーに配慮した法律事務所

レイ法律事務所では、会議室が大会議室と中会議室と2つあり、執務室と会議室が分離されているため、プライバシーについても配慮されております。また、綺麗なオフィスであるため、落ち着いた雰囲気のなかお話を伺うことができます。
14549385448361455018735967-1024x576

③学校等との迅速な交渉

レイ法律事務所には所属弁護士が7名います。日本の法律事務所のほとんどが弁護士1人から数名の法律事務所であるため、比較的人数が多い法律事務所となっております。また7人という人数は、東京都文京区では最大規模の法律事務所となります。そして、その人数を生かし、レイ法律事務所は複数の弁護士による受任を基本としています。学校等の相手方との交渉では、チームワークを活かした迅速な交渉を実現することができます。

子ども達には、小学校から高校までの6年ないし3年の学校のうち「1年という時間」は、大人たちが考えるよりも非常に長い時間だといえます。また、いじめ・学校・ママ友トラブルを抱えている親御さんも同様だといえます。いじめ・学校・ママ友トラブルは、生活と密接しており、日常でもあるため、子どもたちも大人たちも、他の事件と比較して、心も身体も疲弊するのが特徴だといえます。
30_矢印

レイ法律事務所では、一人一人の相談者からしっかりと話を聞き、この問題を「チームワーク」による迅速な交渉により、解決します。

④女性弁護士がいる法律事務所

レイ法律事務所の所属弁護士のうち、女性弁護士が2名となっております。事案の内容によっては、女性弁護士の方が好ましい場合もあります。レイ法律事務所では、男性弁護士だけではなく女性弁護士も複数所属しているため、事案に合せてきめ細かい対応をすることができます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6304-1980 受付時間 9:00 - 22:00 [土・日・祝も営業]

六法レンジャー

◆代表弁護士 佐藤大和 著
◆発行元:ダイヤモンド社


ずるい暗記術

◆代表弁護士 佐藤大和 著
◆発行元:ダイヤモンド社


二階堂弁護士

◆代表弁護士 佐藤大和 原作
◆発行元:マイナビ出版社


メディア出演情報

弁護士佐藤大和の「LAW×NEWS」ブログ


PAGETOP
Copyright © レイ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.