部位別等級(胸腹部臓器)

 

1級の4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級の4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの

 

3級の4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級の3 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級の5 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級の13 両側の睾丸を失ったもの
9級の11 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
9級の17 生殖器に著しい障害を残すもの
11級の10 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
13級の6 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

胸腹部臓器の後遺障害については、具体的には「呼吸器」「循環器」「腹部臓器」「泌尿器」「生殖器」の障害に分かれており、それぞれに認定に対する基準が設けられています。

 

お問い合わせ

TEL 03-6304-1980 MAIL

電話のみで解決できるケースもあります。

受付時間 9:00 - 22:00[土日祝も初回相談可能]