退学・停学処分

STOP退学 退学処分は取消す事ができる場合があります

レイ法律事務所の強み

学校交渉の退学処分取消しの経験,復学後の継続的なバックアップサービス,最短2週間の迅速な解決

退学処分チェックシート

弁護士費用

よくある相談風景

よくあるご相談をもとに、相談風景を物語にしました。
実際の相談では、より詳細にお話ししますので、電話のご相談だけで解決することもあります。

どうしたらいいんでしょう!?
大丈夫ですよ。どうなさいました?
すいません、取り乱してしまって。今日、学校から「御宅のお子さんは退学だ」と言われてしまいました。。。退学なんて。。。
一旦落ち着きましょう。場合によってはですが退学処分は取消せる可能性がありますから、事情を教えてください。
本当ですか??
うちの子は今まで何も悪いことはしていないのですが、いつも遊んでいるお子さんと一緒にいたら、その子たちが悪いことをしたみたいで。
なるほど、巻き込まれてしまったんですね。そういうことなら退学処分を取消すことができるかもしれません。もう少し詳細に教えてください。
退学処分を言われることは本人にとっても、親御さんにとっても、とてつもなくショックな出来事です。退学処分は、学校の持っている処分の中でも最も重い処分であり、だからこそ退学処分は取消せる可能性があるのです。

退学処分は簡単にはできない

退学というのは、どういうものなのでしょうか。
退学は、学校が、生徒と学校との在学関係を一方的に終了させる処分です。退学処分をされてしまうと、生徒は学校から外に出されてしまうことになります。学校が行うことのできる懲戒処分の中で最も不利益が大きい処分です。このような重い処分である退学処分は、いつでもできる処分ではないのです。
最高裁判例では、退学処分のできる場合について「退学処分が生徒の身分を剥奪する重大な措置であることに鑑み、当該生徒に改善の見込みがなく、これを学校外に排除することが教育上やむを得ないと認められる場合に限って退学処分を選択すべきである」とし、非常に限定的な場合に限られるとしております。

退学処分は、どういった場合に取消せるのでしょうか
当事務所では、過去に、傷害事件を起こしてしまった場合、同級生の盗撮をしてしまった場合や、先生に歯向かって、学級崩壊を起こしたと言われて、退学にさせられた場合に、それぞれ退学処分取消しを得ており、様々な事例経験がございます。ご相談をいただくことで、退学処分取消しの可能性について、回答させていただきます。

大学の場合はどうなるのでしょうか。
大学の場合には、高校、中学校、小学校の場合とは、少し学生の状況が異なるため、同じように考えることができるわけではありません。しかし、この場合にも争える可能性があります。詳しくはお問い合わせください。

なるほど、今回の退学処分は取消してもらえるかもしれないんですね。
ありがとうございます。取消せるかどうかだけでも聞けてよかったです。
取消せそうかだけでもわかれば、自分たちが今後どうするか考えられますからね。
実は、学校から、退学処分の話と一緒に、退学届けを渡されています。
今週中には結論を出してくださいと言われてるんですが、どうしたらいいでしょうか。
退学したくないということであれば、退学届けを出すのはやめておきましょう。
わかりました。本人も退学を望んでいないので、出すのはやめておきます。
ちなみに、ご依頼させてもらうまでの間に、学校から連絡がきてしまったら、どうしたらいいでしょう。
その場合には、学校からしっかりと退学処分の理由を聞くようにしましょう。

学校で話すべきこと

学校に呼ばれました。学校との話し合いでは、何をすればいいんでしょうか。
学校での話し合いでは、なぜ退学になるのかを教えてもらう必要がありますし、学校には、それを説明する義務があります。学校から話を引き出す具体的な話し方についてはご相談ください。

学校に「退学してください」と言われて、退学届けを渡されています。これにはサインしなければならないのでしょうか。
まず言えることは、「心に迷いがあるならば、決して退学届けにサインするべきではない」ということです。退学処分をする必要があるのか、よく検討してからでも遅くはありません。

繰り返し退学届けを出すようにと言われます。どうしたらいいでしょうか。
「退学してください」は、厳密には「退学処分」とは違い、「退学勧告」といいます。本当に重大な事態であれば、学校は、本人の同意をもらわなくとも、一方的に退学処分を行うことができます。この場合には、生徒側に退学届けを出してもらう必要がありません。学校が退学届けを出すように言うのは、あるいは学校は退学処分をして事を荒立て無いように、生徒自身から辞めさせようと考えている可能性があります。

お願いするとして、すごく気になることがあるのですが。
どうしました?
昔、PTAのお友達に、学校と揉めて、嫌がらせにあったという人がいるんです。
なるほど
退学の交渉に入ってもらったときに、学校から嫌がらせを受けたりしませんか?
みなさんやっぱり心配されますね。
実際に学校の先生の中には、嫌がらせのようなことをしてくる方がいることもあるようです。
やっぱりそうなんですか?
そのような事例は、多くはないと思いますが。。。
ただ、嫌がらせが予想される場合にも、防止する手立てがないわけではありません。

嫌がらせを避ける方法

退学処分を争う際に、弁護士を入れたことが裏目に出て、目をつけられてしまったりしないのでしょうか。
戻った後に、学校に不利益に扱われないように対処することは、非常に重要な課題です。せっかく戻ることができても、学校の先生に目をつけられてしまっては、進学等の問題だけでなく、穏やかに過ごすこともままなりません。目をつけられることを避ける方法については、様々な対処方法があります。対処方法は事案によって大きく異なりますので、是非ご相談ください。

中高一貫校ですが、退学処分の言い渡しを受け、その上この処分を争うことによって、進学に影響を受けないのでしょうか?
退学処分は懲戒処分の一つです。このため、影響がある可能性もあります。しかし、一貫校における影響は事案によって異なります。詳しくはご相談ください。

弁護士を入れたら、もう話し合いには応じない。絶対に学校には戻しませんと脅されてしまいました。弁護士の方に相談しても大丈夫でしょうか。
弁護士に相談することは自由であり、何の問題もありません。このような発言を行う先生や、学校経営者には大きな問題があると考えられます。そういった場合にも、実際に私たちが話し合いに行くと、「そんなことは言っておりません。」とすぐに手の平を返すような発言を行うことさえあります。

嫌がらせや、脅迫めいたことをしてくる学校に戻る必要があるのかわからなくなってきました。こんな学校に戻る必要あるのでしょうか。
そういった気持ちになるのは当然のことだと思います。しかし、忘れてはいけないのは、学校は大きな組織であり、お子さんの普段接する素敵な先生たちもいて、退学処分の話し合いに出てきている先生とは違う側面を持っているということです。また、仮に戻らない決断をした場合には、慰謝料請求や、授業料の返還を請求することも考えられます。

ところで、今回のことはお子さんはずっと戻りたいとおっしゃっているんですか?
それについては、身内のことでお恥ずかしいのですが。
もしかして、あんまり話せてないんですかね?
そうなんです。はじめの頃は、戻りたいと言っていたのですが。。。
退学処分は、お子さんにとっても大きな心の傷になりますからね。
そうみたいなんです。
その上夫と私との間でも意見が違っていて…
退学処分が行われると、家庭内での環境も悪くなることが多いですから。
どうしたらいいでしょう。
それでは、まずは、退学処分の取消しができそうかの判断を、お子さんや旦那さんに伝えましょう。お子さんもできること、できないことがわかると、ずっと落ち着いてお話できると思いますよ。

子ども(本人)との話ができない。

子どもが落ち込んでしまっていて、話ができないでいます。
「退学だ」と学校に言われることは非常に辛いことです。子どもさんの中には、その言葉で、本人が先に諦めてしまっていることがあるのです。この場合には、まずは今回の退学が取消せるのかどうか、自分がどういう立場にあって、今後どうなるのか、何が選べるのかを親御さんが調べ、子どもに伝えてあげて、選ばせてあげる必要があります。

子どもだけでも大変なのに、実は親の間でも意見が割れてしまっています。どうすればいいでしょうか。
子どもさんに辛いことがある時に、無関係でいられないのが親御さんです。この時に気をつけなければならないのは、親同士でお互いを責めないことです。子ども、家族のピンチに、内部で争いをしてしまっていては、何もできません。
私たちは、まず正確な情報を集め、その上でご家族の方針を決めることをお勧めしています。

退学処分を言い渡されて、落ち込んでいるので、これ以上、学校の先生とぶつかって騒がしくすることが気の毒です。本人も戻りたそうなことを言っていましたが、今は何も言っていないので、このままにしてあげたいと思うのです。
傷ついているお子さんをそっとしておくことは、大事なことです。ただ、そっとしておくというのもチャンスを捨てる決断になることを忘れてはいけません。実際に退学処分を争わず転校したお子さんの中には、学校に失望してしまい、不登校になっているお子さんもいました。
同じ退学・転校でも、しっかりと現実と向き合って「戻れるけれども戻らない」決断と、「よくわからないけど学校に拒否されて辞めさせられた」という状況には大きな違いがあります。

親としては戻したいのですが、子どもがそれを嫌がって聞きません。どうすればいいでしょうか。
私たちは親御さんから費用をいただいて弁護活動を行いますが、あくまで目的はお子さんのためです。このため、お子さん自身の賛同をいただきたいと思っております。しかし、退学の問題は、本当は戻りたいけれど、本人が諦めてしまっていることがあります。まずは、退学処分を取消せるところまで話を進めてから、戻るかどうかを本人に選ばせてあげることで、本音が出ることがあるようです。

依頼をお願いしたら、どのように動いてもらえるのでしょう。
事情の整理や、退学取消しができるかどうかの判断をさせてもらったので、依頼をいただけば、極力早く交渉を行います。
もし退学処分を取消してもらえない場合にはどうするんですか?
その場合には、仮処分や、訴訟を行うことも考えられますね。できれば穏便に解決したいところですが。
わかりました。
それでは夫と話をし次第、依頼をさせてもらうか、また連絡させていただきます!
承知いたしました。
もう少し様子を見ておきたいということでしたら、親御さんでできる証拠収集等についてもお話ししますので、またご連絡くださいね。

弁護士は何をしてくれるのか

弁護士に相談しに行くと何をしてもらえますか。
まずは、当事務所において、退学処分の取消し可能性の判断を行います。その後、ご契約いただければ、できるだけ早く学校との交渉に入ります。

弁護士に交渉してもらう前に自分たちでやりたいのですが。
退学という言葉が出た場合、ご本人による交渉はあまりお勧めしておりません。もっとも、当事務所から知識と交渉の仕方をお伝えするバックアップを行うこともできます。このようなサポートをご希望の方は、一度ご相談ください。

学校に行けない期間が長引くのは不安です。どれくらいの時間がかかるのでしょうか。
かかる期間は人によって異なりますが、当事務所では、最短で2週間ほどで戻すことができた事例がございます。学校の対応の仕方、処分理由の出来事の重さ次第によって復学にかかる期間は異なりますので、詳しくはご相談ください。

学校との交渉は、周囲の方にバレてしまうのでしょうか。事件のことを周囲に知られてしまうのが恥ずかしいのですが。
学校側に対する交渉の方法次第で、多くの場合に周囲の方にも情報が漏れずに交渉することができております。詳しくはご相談にお越しいただいてから、お話させていただきます。

学校が、退学の取消しに応じない場合にはどうなるのでしょうか。
その場合には、裁判を行うことができます。そこで、しっかり戦って、戻すことを検討するべきでしょう。

裁判を行う場合には、時間がかかるのではないでしょうか。
時間をかけないように、仮処分を行うことができます。通常の裁判は少なくとも半年から1年ほどの時間がかかります。このため、まずは仮処分を行って、判決前に戻してもらえるようにしておく必要があります。

仮処分に必要な期間はどれくらいになるのでしょうか。
事案によって異なりますので、ご相談に来ていただいた際にお話しさせていただきます。

親に話をせずに、本人から弁護士に相談することはできますか?
ご本人(未成年の方)からのご相談は、ご相談だけであれば、お受けすることができます。しかし、実際に弁護活動を行う場合には、親御さんの同意が必要になります。ですので、親御さんにもお話をするようにしましょう。

退学処分をされている子ども本人が、どうしたいかわからないのですが、お話は聞いてもらえますか。
もちろんです。まずは相談に応じさせていただければと思います。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

TEL 03-6304-1980 MAIL

電話のみで解決できるケースもあります。

受付時間 9:00 - 22:00[土日祝も初回相談可能]