相手方の保護者との関係でお困りの方へ

  • ・相手の保護者から目をつけられてしまい、ささいなことで子どもの被害届を出されてしまった。
  • ・謝罪をしているのに、相手の保護者から繰り返し誠意や謝罪を求められる。
  • ・いじめをする親などというマイナスの話をネットで流されている。
解決できる可能性があります

こういった問題は、弁護士を入れることで解決できる可能性があります。

家庭に迫るモンスターペアレントの危険

近年では、学校に対する過剰な要求を行う親をいわゆるモンスターペアレントということがあります。
このようなモンスターペアレントは、学校の先生に対して攻撃をするわけではなく、実は他の保護者に対して過剰な要求を行うことがあります。

弁護士による対処方法

モンスターペアレントといわれる保護者にも、攻撃的になっている理由があります。モンスターペアレントと思われる親御さんも、実は本人たちは正当なことをしていると勘違いしていることがあるのです。

弁護士が入った場合には、特に不当な要求をしてきている親に対しては、要求が不当であるということについて法的な説明を行い要求をやめさせたり、学校や周囲の保護者、警察との関係を調整することによって依頼者の方の平穏な生活を取り戻すよう対処いたします。

自分の家族が問題に巻き込まれているときに、知っておいてほしいこと

こういった保護者間の問題が起きたときには、お母さんが巻き込まれてしまっていることが多いようです。
そして、実際に被害に遭っているお母さんと、そのお母さんからの話を聞いているだけのお父さんとの間で、危機感に温度差があり、結果的に家庭内の環境までも悪くなることがあります。

相手の方が同じ保護者であっても、保護者間でのトラブルの中には、一昔前の極道のような言葉を使う方もいます。
家庭内での関係悪化が最も損です。そうなる前にご相談ください。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

TEL 03-6304-1980 MAIL

電話のみで解決できるケースもあります。

受付時間 9:00 - 22:00[土日祝も初回相談可能]